風呂カビ掃除やり方

浴室のカビ

カビの落とし方の前に、どうしたらカビだらけにならないようにするか

浴室がカビだらけになる人の共通点は喚起ができていない場合が多い

お風呂から出た後、すぐ換気扇を止める

おふろを出た後、すぐドアを閉める

浴室の中は熱がこもってジメジメした状態になってカビが発生しやすいです

今までカビが天井、壁、床、ドア、がカビだらけで困って清掃の依頼があった方に聞いてみると皆さん喚起が不十分か全くできていないかです

浴室をカビだらけにしない方法はお風呂を出た後、換気扇をしばらくの間動かしている事とお風呂のドアを開けておくこと

このようにして入れば浴室が短期間でカビだらけにはなりません

カビを落とすときはカビキラーは塩素系の漂白剤なので体には良くないので、換気扇を回してゴム手袋を付けてからカビキラーを使ってください。

カビキラーを掛けただけでは弱いのでスポンジやブラシを使うと効果的です

ゴムパッキンの黒いカビがカビキラーで落ちない場合はジェルのカビ取り剤を使うと落ちます

ジェルのカビ取り剤はホームセンターに売っています。

使い方は午前中にゴムの黒カビの所に付けてください

夕方には白くなっていると思うのでシャワーで水をかけてブラシでこすって洗い流してください